なんとなく曖昧にしておきがちな税金を分かりやすく知ろう

>

いろいろな税金があることを知る

所得税

サラリーマンをしていると、給与明細に「所得税」と記載がありませんか。この「所得税」は個人の1年間の所得にかかる税金ですが、この「所得」というのは稼いだ全額(収入)、という意味ではなく、そこから必要経費を差し引いたもの。それが「所得」となり、これに決まった税率をかけて計算した額が「所得税」です。サラリーマンの場合、必要経費という項目はなく給与所得控除が認められており、且つ給与からの天引きが多いので知る機会が少ないのですが、フリーランスで仕事をしている個人事業主の方などは、1年間の収入から必要経費を差し引く作業を自分でやったうえで、確定申告をしなければならないわけです。必要経費、といっても様々な種類があるのできっちり理解すれば正しくさらに節税することも可能です。確定申告後、確定した所得税をその年の確定申告の期限日までに納付します。銀行口座からの振替だと、少し期限が遅くされています。

県民税と住民税

所得税、は国税に分類されますが、都道府県に納める県民税と、市町村に納める市民税は地方税となります。ちなみにこの県民税と市民税を併せて「住民税」と呼びます。サラリーマンが支払う住民税は「個人住民税」、会社などの事務所がある場所に支払う住民税は「法人住民税」となります。身近な個人住民税で説明しますと、住民税には前年1年間の所得によって税額を決める「所得割」と、決まった額を一律納める「均等割」があり、1月1日に住んでいた場所に納税されますが、サラリーマンの場合は会社がこの計算をしてくれており、12回に分けて給与から天引きされていることが多いです。ちなみに県民税と市民税は、県と市ですので管轄が違います。お問い合わせがあるときにはお間違えの無いよう。


この記事をシェアする