なんとなく曖昧にしておきがちな税金を分かりやすく知ろう

>

もらうときにかかる税金

相続税と贈与税

「相続税」とは亡くなった人の財産を受け取るときにかかる税金で、支払う先が国なので「国税」となっています。「お金持ちが偏らないように」「急に得ることになった財産だから」という理由で決まった税金だということですが…。しかしながら、遺された財産が「3000万円+600万円×相続人の数」以上ないとかかりません。ということはこの相続税のことを考えるにあたってはまず、自分に財産を残す人の財産の総額がその金額を超えるかどうかが重要になってきます。そしてこの「相続税」と近いところにある税金が「贈与税」です。人からもらう財産の一部が1年で合計して110万円を超えるとかかってきます。もらった側からの申告で納税義務が生じてきます。現金だけでなく不動産や株式なども贈与税の対象となります。不動産や株式は気を付けようという気になりますが、現金の合算は忘れそう…気を付けましょう。

暮らしと税金

給与明細で目にしたり、日々の暮らしで納税通知書がきて支払う身近な税金と、めったに機会はないけれど知っていると知らないでは対策次第で大きく差が出そうな税金をご紹介しました。国税庁や各地方自治体のホームページで税の仕組みや税率などは詳しく記載されているものもありますが、難しい…どう調べても結局出て行ってしまうお金のことなのでげんなり気分は否めませんが、先ほども申し上げた通り、知っていると知らないでは雲泥の差があります。社会人になってよく目にする税金なのに、その中身を勉強することはなかなかありません。自分が払うお金、これを機に給与明細片手に見つめなおしてみるのはいかがでしょうか。個人事業主の方にはまだまだ節税方法が隠れているかもしれません。まずはとにかく「税金を知る」ことから!


この記事をシェアする